Python3入門 辞書

辞書の説明

 

辞書は、要素の順序が存在しないので、リストや文字列のようにインデックス番号で指定して、要素を取り出すことはできない。

その代わりに、個々の値要素(value)に キー(key) を与え、どちらかを指定し、取り出す。

 

英語辞典で単語の意味を調べるのと同様に、「run」(key)という意味は「走る」(value) というように、2つを対応させます。

 

また、辞書はミュータブルなので、キーと値要素の変更・追加・削除は可能です。

ミュータブルとは?

 

辞書

 

{ } による辞書の作成

 

辞書を作成するには、「 key : value 」のペアをカンマ区切りで入力し、{ } で囲って作成する。

書式

 

 

dict() で辞書に変換

 

dict() を使うと、リストの中がリスト、リストの中がタプル、タプルの中がリスト を辞書に変換することができます。

リストの中のリストについてはこちら

 

※ ここはあまり使わないので、飛ばしても結構です。

 

書式

 

リストの中がリスト

 

 

リストの中がタプル

 

 

 

タプルの中がリスト

 

 

 

要素の追加・変更

 

辞書に要素を追加するには、キー(key)を使って要素を参照し、値(value)を代入します。

書式

 

辞書にそのキーが既存していた場合、そのキーに対する値だけが変更される。

次の辞書は 商品:在庫数 を示しています。

 

 

辞書同士の結合

 

update()関数 を使うと、別々の辞書を1つに結合することができます。

 

書式

 

 

 

要素の削除

 

del を使って、指定したキーの要素が全て削除される。

 

書式

 

 

 

全ての要素の削除

 

clear() を使うと、辞書の要素全てを削除することができます。

書式

 

 

 

キーの有無の確認

 

in を使うと、辞書にあるキーの有無を確認できます。

書式

 

 

要素の抽出

 

辞書での一般的用途は要素の抽出なので、使うこと多いです。

 

辞書とキーを指定して、キーに対応する値を抽出できます。

 

書式

 

 

全てのキー(key)を抽出

 

keys() を使うと、辞書の中の全てのキーを抽出できます。

 

書式

 

 

キーをリストに変換することもできます。

 

 

 

全ての値(value)を抽出

 

values() を使えば、辞書の全ての値を抽出できます。

 

書式

 

 

 

辞書の全ての キー:値 を抽出

 

items() を使うと、辞書の全ての キー:値 を抽出できます。

書式

 

 

集合set へ

フォローする

スポンサーリンク


Python

Posted by pythonista