Python3発展 例外処理

例外処理

 

例外処理とは、エラーが起きた時に実行されるコードのことです。

 

つまり、例外が起きそうなところには全ての例外処理を追加して、ユーザーにどのような例外なのか知らせる必要があります。

 

今までは間違ったプログラムを記述し、実行するとエラーで強制終了され、エラー以降のプログラムは実行されません。

 

しかし例外処理を用いると、エラーを表示したあとに、プログラムが再開されるのです。

 

try except 構文

 

try except構文を使うと、エラーが起きた時の処理を加え、エラーが起きても強制終了はしない構造を作ることができます。

書式

 

 

 

try の処理が実行された結果、エラーだったため except の処理が実行されました。 

 

もし try の処理がエラーではないなら、except の処理は無視されます。

 

 

引数ありの except

 

複数の例外が起きる場合、それぞれに対応する例外処理を作成することができます。

 

書式

 

  • エラータイプとは、数値・文字列などそのデータ型によってエラーを分けることができます。
  • エラー変数とは、その処理に対するエラーの内容がその変数に記憶されます。

 

 

 

  • IndexError は、インデックス番号によるエラーだけを対応をします。
  • Exception は、オールマイティーにどのエラーでも対応します。

 

 

フォローする

スポンサーリンク


Python

Posted by pythonista