Python3入門 文字列

文字列

 

Pythonの文字列は、ダブルクォート「” “」か シングルクォート「’ ‘」で文字を囲って作成します。

 

 

三重引用符

 

三重引用符とは、いくつかの行に渡って文字列を書きたい場合に使います。

 

書式

 

しかし、このような短文では使う意味がなく長い文章に使います。

 

\によるエスケープ

 

特定の文字の前に \ (バックシュラッシュ)を入れることで、特別な意味になります。


        表:エスケープシーケンス

 

この表の中でよく使われるエスケープシーケンスをこのページでは解説します。

 

改行 : \n

 

 

print() 関数というのは、画面上に変数のデータを表示するものです。

print()関数の説明はこちら

 

プログラムを見るとわかりますが、\n のあるところで改行がされます。

 

タブ : \t

 

 

\t があるところでタブキーを押したように4マス空白が空きます。

 

文字の連結

 

Pythonでは + 演算子を使うと、文字の連結がすることができます。

また、値であれば + 演算子を使わなくても連結はできます。

 

上記と同じように文字列変数での連結ができます。

 

 

次にデータ型が違う文字の連結の場合、データ型を文字列に変換します

文字列型変換ついて

 

 

a のデータ型は整数型ですが、str(a)によって文字列に変換すると連結できます。

 

文字列の繰り返し

 

* 演算子を使うことにより、任意の数だけ文字列を繰り返すことができます。

 

 

[ ] による1文字ごとの抽出(インデックス番号指定)

 

[ ] を使うと、文字列中の1つの文字だけ抽出することができます。

 


           図:文字列のインデックス番号

この図のように、先頭 は [0] から始まり、末尾 は文字数分だけ指定できます。

 

これをインデックス番号指定と呼びます。

 

末尾は(一番右) -1 から始まります。

 

 

このように1文字だけを抽出したい時は、インデックス番号で指定します。

 

文字列のスライス

 

スライスは、抽出する文字列の範囲を決めて表示することができます。

 

書式

 

  • start は、先頭のインデックス番号を指定。
  • end は、末尾のインデックス番号を指定。
  • step は、スライス間隔を指定。

 実際は end で指定した番号の – 1 までしかスライスできません。

 

文字列の文字数取得

 

文字列の文字数を得るには、len()関数 を使うと簡単に得ることができます。

 

書式

 

 

split() よる文字列分割

 

split()関数は、任意の文字で区切られている要素をリスト化するという関数です。

 

リストについて

 

書式

 

 

このように「 , 」区切りの文字列があるとして、その区切られた要素をリスト化してくれるのです.

 

今回は「 , 」区切りで実行しましたが、どのような文字でもできます。

 

join() による結合

 

split()関数では、任意の文字で区切り、リスト化するという関数でした。

 

join()関数はその逆で、リスト化された要素を任意の文字で繋げ合わせることができます。

 

書式

 

 

replace() による文字の置換

 

 replace() を使うと、文字列の文字を 新たな文字 に入れ替えることができます。

 

書式

 

置換回数とは、置換する文字に何回置換するか指定できます。
空白の場合、無限となります。

 

 

 

print() 関数へ

 

フォローする

スポンサーリンク


Python

Posted by pythonista