Python3入門 リスト

リスト

 

リストは、文字列とは異なっていて、ミュータブル(作成後も状態を変えることができる)です。

 

リスト内のある値のことを要素と呼びます。
また、要素を追加・削除・書き換えが可能です。

 

[ ] ・ list()関数 によるリストの作成

 

リストは、0個以上の要素をカンマ区切りで、[ ] で囲って作成します。

[ ] でリスト作成

 

list()関数でリスト作成

 

リストの要素を抽出

 

リストの要素を個々に取り出すことができます。

書式

 

リストのインデックス番号の指定は 0 から始まります。( 図1)


     図1:リストのインデックス番号

 

 

リストの中にリスト

 

リストの要素にリストを追加することができます。

 

a,b,c それぞれのリストを作り、list に a,b,c を要素とし追加しています。

 

実はこのリストは2次元配列になっています。

 

リストの要素の書き換え

 

書き換えたい要素のインデックス番号を指定し、新しい要素を代入する代わりに元の要素は削除されます。

 

リストのスライス

 

スライスを使うと、抽出する範囲を指定し、要素取り出すことができます。

スライスは文字列のスライスと同じです。

文字列のスライスを詳しく

 

 

append() で末尾に要素を追加

 

append() を使うと、リストの末尾に要素追加することができます。

書式

 

 

extend() でリストの結合

 

extend() を使うと、2つのリストを1つに結合しまとめることができます。

書式

 

次のプログラムは、a のリストに b のリストを繋げるというものです。

 

また、+= を使っても結合することができます。

 

 

insert() でインデックス番号を指定し、要素を追加

 

append() 関数 は末尾にしか要素を追加できないが、insert() 関数 であればどこにでも追加できます。

書式

 

 

要素を削除

del

del を使うと、要素をインデックス番号を指定し、削除できます。

書式

 

 

remove()

remove() を使うと、削除したい要素のインデックス番号がわからないとき、直接値を指定して削除できます。

書式

 

ただ、要素が少ない場合は、remove() はあまり使う必要がないです。

 

要素の値のインデックス番号を得る

 

index() を使うと、要素を指定するだけで、要素があるインデックス番号がわかります。

 

 

要素の有無の確認

 

in を使うと、リストにその要素の存在の確認ができます。

 

 

Trueであれば:有
Falseであれば:無

 

同じ要素の個数の計算

 

count() を使うと、リスト内に同じ要素がいくつあるか知ることができます。

書式

 

 

要素の並び替え(ソート)

 

リストの要素の並び替えが簡単にできるように、Pythonでは関数が用意されています。

 

sorted() 

sorted() はソートされたリストのコピーを返す定義となります。

 

 

  • リストの要素が数字の場合は昇順 0,1,2,3…. でソートされる。
  • リストの要素が文字列なら、アルファベット順にソートされる。

プログラムを見ると、ソートしたリストに変数をつけているため、元のリストはソートされていない。⇒ リストのコピーを返している

 

sort()

 

sort() はそのリスト自体をソートする。

 

 

これはリスト自体をソートしているため、元のリストは残らない。

 

また、降順でソートしたい場合は,  reverse = True を加える。

 

リストの要素数を知る

 

len() 関数を使うと、リストの要素数を知ることができる。

 

 

list()関数によるリストへの変換

 

 list()関数 を使うことにより、文字列またはタプルからリストに変換することができる。

タプルについてはこちら

 

書式

 

 

文字列を1文字ずつリストに変換する

 

 

タプルをリストに変換

 

 

 

タプルへ

 

フォローする

スポンサーリンク


Python

Posted by pythonista