プログラミングとは何か?やるメリットは?

こんにちは、ケンゾーです!

 

プログラミングしてみたいと思ってるあなた。

 

プログラミングってどんなイメージ持っていますか?

 

よくわからん文字が羅列してあったり、なんだかすごく難しそうに見えてきて、、「自分にはとってもだけど無理」とか思いますよね。

 

でもそれって単純にプログラミングを知らないだけなんですね。

 

急に知らない問題をやれって言われでも無理ですよね。やったことのないことが分からないのは当然のことですよ。

 

そこで「どうやったらできるか」と考えて予想をするのは大事ですが、、

 

よくプログラミングに偏見を持って、「やってみたいけど難しそうだから勉強しない」このような人は結構います。

 

しかし意外とプログラミングって思ってるほど難しくないですよね。実際やって見なきゃ分からないんです!

 

あなたがプログラミングを学ぶ第一歩を踏み出せるようにプログラミングについて書いていこうと思います!

 

プログラミングとは何か?

 

僕たちがコンピュータやスマフォを操作する時、普通は何かしらのアプリケーションを使用します。

 

PCならおなじみの word だったり power point もアプリケーションです。

 

iPhoneなら、電話やゲーム、SNSも全てアプリなのでアプリの塊ですよね。知ってると思いますが、全てのアプリケーションはプログラミングによってできています

 

そして、人間はアプリケーションを使うことにより、生活に不便を感じなることが少なくなってきていると思います。

 

しかし、自分がこんなのあったらいいな〜というアプリケーションが頭に浮かんだ時、どうします?

 

 

誰かが作ってくれるのを待つか、自分で開発してリリースするか。

 

 

ずっと人が作ったものを使う消費者なのか」、「クリエイターになって、人に使ってもらう側なのか」と考えたとき、どうせなら何か開発(開発チームに入るなど)し、人に提供してみたいと思いませんか?

 

 

その浮かんだアイディアの実現を可能にしてくれるのが、プログラミングなんです。

 

プログラミングと言っても、数十個ほどの「プログラミング言語」というものがあり、用途に応じてその「言語」が変わってきます。

 

例えとしては、自分がアメリカに行くなら、英語を覚える。中国行くなら、中国語を覚える。といった感じです。

 

そこでオススメしたい言語が、「Python」という言語です。

 

pythonはプログラミング言語の中でも「スクリプト言語」といって、手軽に使えるプログラミング言語の1つです。

 

またPythonは、最近注目されている人口知能にも使われたり、科学技術計算にも特化していて、プログラミング言語別エンジニアの年収でもTOP3に入る言語となっています。

 

 

プログラミング言語の中でも、pythonという言語は簡単(わかりやすいコード)なので、とても初心者向きです。

 

とは言っても、やはりプログラミング言語は用途別で変わってくるので、絶対Pythonをやれというわけではありません。あくまで個人的なオススメです。

 

あとは楽しんで学ぶということが大事です!

 

プログラミングを学ぶメリット

 

プログラミングを学ぶことでアプリケーション開発はできるようになります。しかしプラスαどんなメリットがあるのか、、

 

では、3つに分けて述べていこうと思います。

 

仕事の自動化?!

プログラミングができると、様々な仕事に応用できます。

 

先ほども言ったように情報化社会が進んでいるので、仕事でPCを使わないことなんてほぼないです。

 

そこで、プログラミングができることで、仕事の効率を大きく上げることが可能になります。

 

例えば、この名簿リストをある順で並び替えたいなど、プログラミンぐできる人は一瞬で並び変えることができ、早く帰れるかもしれませんね笑

 

要は時間の余裕が圧倒的に増えるので、人生勝ち組みたいなもんですね。

 

論理的思考力がつく?!

 

プログラミングを通して、「論理的思考:ロジカルシンキング」を鍛えることができるんじゃないかと思います。

 

これは、人生を生きていく中でとても役に立ちます。

 

そもそも論理的思考とは、「物事を成し遂げるために必要となる事柄を、列挙し整理して、具体的な答えをだすというのを考えることです。

 

論理的思考力があれば、物事における目標や目的を明確にして、達成しやすくなると思います。

 

問題解決力が上がる?!

 

難解で大きな問題を解く際に、「小さな問題に分割して考える」ことができるようになります。

 

まさに、これというのはプログラムを作るために必要なの能力です。

 

この考え方も論理的思考と通じていて、プログラムを作るだけではなく、現実社会で起きる問題に対処するのに役立ちます。

 

つまり、論理的思考力を鍛えると問題解決力も比例して高くなっていくでしょう!

 

実際、Microsoft、google、facebook、などの大企業の社長さんは皆驚くことに、元プログラマーなんです。

 

成功した背景にはプログラミングによって鍛え上げられた論理的思考力が関係しているのかもしれませんね。

 

ちなみにプログラミングの上達の近道は「実際に手を動かして、自分で結果をみる」としか考えられません。

 

「プログラミング 上達法」とかググる暇があれば、手を動かしてプログラムするのが一番の近道です。

 

今回おすすめとして紹介したPythonのチュートリアルの記事をアップしているので、よかったらご覧ください!!

 

この機会にあなたもプログラミングを今始めましょ!!

フォローする

スポンサーリンク


Python

Posted by pythonista